ルミガン 下まつげ

ルミガンは下まつ毛に塗ってはいけないの?

 

まつ毛を濃く長くする医薬品“ルミガン”。
美容液よりも大きな効果があると話題ですね。

 

ここではそんなルミガンを
“下まつ毛に使っていいのか”について、
詳しく解説していきます!

 

 

ルミガンは下まつ毛に塗ってもいい?

 

ルミガンは基本的に下まつ毛には塗りません。

 

もちろん上まつ毛同様、下まつ毛も同じ“毛”ですから、
塗れば長くなる効果や、太く濃くなる効果は期待できます。

 

 

ただ、下まつ毛に直接ルミガンを塗ると、
副作用である色素沈着や多毛が
下まぶたに起きやすくなります。

 

ルミガンでまつ毛が濃くできるのは
毛の中のメラニン色素が増えるため。

 

そしてまつ毛が長くなるのは
毛が生えやすくなるためです。

 

それが他の皮膚につけば、当然そこにも
黒いシミや多毛が引き起こされるわけです。

 

 

ルミガンは液体ですから下に浸透しやすく、
下まつ毛に直接つけることは
それらの副作用のリスクを高くしてしまいます。

 

 

ルミガンを販売するどのサイトでも、
「下まつ毛にも塗ってください」
とは書かれていません。

 

禁止されているわけではありませんが、
基本的には「上まつ毛の生え際に塗布」
を推奨しています。

 

 

下まつ毛は長くできないの…?

 

「じゃあ上だけ伸びて、
下まつ毛は短いままにするしかないの…?」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、
そんなことはありません。

 

 

普通にルミガンを上まつ毛に塗っておけば、
まばたきする際に自然と液が下まつ毛にも浸透し、
徐々に長く濃くなっていきます。

 

 

下まつ毛への効果をより大きくしたい場合には
寝る前につけるのがおすすめ。

 

目を閉じている時間が長いので、
下まつ毛にも液がつきやすくなりますよ。

 

 

ルミガンは下まつ毛に塗ってもいい?まとめ

 

基本的に塗るのは上まつ毛だけ!

 

下まつ毛を長くしたい!という人にも、
下まぶたにシミや多毛が起きやすくなるため
上まつ毛のみの塗布をおすすめします。