ルミガン 使い方

ルミガンの正しい使い方・塗り方

 

まつ毛の育毛効果がある“ルミガン”。

 

ただし、その使い方を間違えると
まぶたのしみや多毛、
目の充血や痒みなど、
さまざまな副作用に繋がります。

 

 

安全に美まつ毛を手に入れるために、
正しい使い方を知っておきましょう!

 

 

ルミガンの正しい使い方・塗り方

 

@ルミガンをつける準備をする

 

まずはメイクを綺麗に落とします。

 

目のトラブルに繋がらないように、
コンタクトレンズも外しておきましょう。

 

※コンタクトレンズはルミガンを塗ってから
15分ほど時間をあけてつけましょう。

 

 

Aアプリケーターに液をつける

 

アプリケーターという専用の細いブラシに
ルミガンを1滴垂らします。

 

 

B上まつ毛の生え際に液をつける

 

上まつ毛の生え際にアプリケーターを沿わして
液をつけていきます。

 

アイラインを引くように
皮膚を避けながら丁寧につけていくのがポイント!

 

 

C余分な液を拭き取る

 

皮膚についてしまったときや
多くつけ過ぎてしまった場合は、
ティッシュや綿棒などで軽く拭き取ります。

 

 

ルミガンを安全&上手につけるポイント

 

最初は少なめにつける

 

塗り慣れていない始めのうちは
やや少なめに液をつけて
感覚を掴んでいくのがおすすめ。

 

最初にたくさんつけ過ぎると
まぶたについたり目に入ったりしやすいです。

 

安全のためにも
まずは少量で塗り方のコツを掴みましょう!

 

 

下まつ毛には塗らない

 

下まつ毛に塗ってしまうと、
下まぶたに液がついて翌日には色素沈着し、
クマのようになってしまいます。

 

まばたきする際に上まつ毛に塗った液が
下まつ毛にも浸透し、
十分育毛効果が期待できますので、
無理に下まつ毛には塗らないようにしましょう。

 

 

正しい塗り方を実践しよう!

 

間違った塗り方は
色素沈着や目のトラブルに繋がります。

 

正しい塗り方を継続して、
安全に、効果的にまつ毛をケアしていきましょう。