ルミガン ケアプロスト

どっち?ルミガンとケアプロストを比較してみた。

 

まつ毛を育毛する医薬品と言えば
“ルミガン”と“ケアプロスト”ですね。

 

一見似たような効果を持つ2つですが、
違いはあるのでしょうか?

 

また、どちらを使えば
よりまつ毛を長く濃くできるのか?

 

比較して、検討してみました!

 

 

ルミガンとケアプロストを比較!

 

有効成分は?

 

ルミガンもケアプロストも、
“ビマトプロスト”が主成分となっています。

 

含まれている量も同じです。

 

 

というのも、ケアプロストは
ルミガンの“ジェネリック医薬品”となっています。

 

ジェネリック医薬品とは、後発薬のことですね。

 

ルミガンがもともとあった薬で、
その後に作られたのがケアプロスト
ということになります。

 

ジェネリック医薬品は
有効成分の種類や量が同じでなくてはいけません。

 

つまりルミガンとケアプロストの成分はほぼ同じ
ということです。

 

 

効果は?

 

有効成分が同じであるため、
効果もほぼ同じです。

 

ただし、ジェネリック医薬品は
新薬(もとの医薬品)と違った添加物は加えても良い
とされています。

 

そのため成分に若干の違いがあると考えられ、
その違いが効果に影響する可能性もあります。

 

「ルミガンでは効果があったのに、
ケアプロストではあまり効果がなかった…」
という人もいるようです。

 

 

用量は?値段は?

 

用量も同じで、
どちらも1本3mlです。

 

値段はサイトによっても異なりますが、
ルミガンが1本2000円前後、
ケアプロストが1本1000〜1500円程度。

 

ケアプロストの方がやや安価です。

 

 

ルミガンとケアプロストの比較 まとめ

 

大きな違いは、ルミガンが新薬、
ケアプロストがジェネリック医薬品であること。

 

そしてケアプロストの方が安い、ということです。

 

ただ安いとはいえ効果がない人もいるので、
ケアプロストで効果が実感できなかった場合には、
ルミガンに変えてみるのも一つの方法です。